コンピューターアクセサリー

継続学習制度CPDS

CPDSについて

 

CPDSとは

CPDSは個人IDの加入者が講習会などで学習をした場合に、その学習の記録を登録し、必要な場合に学習履歴の証明書を発行するシステムです。

一般に継続学習はCPD(Conteinuing Professional Development)と呼ばれますが、JCMは平成12年に他の建設系学・協会に先がけいち早くCPDを導入し、特に固有の名称としてCPDにSystemのSを付けてCPDSと呼んでいます。

CPDとCPDSの評価

CPDは技術者の継続的な専門能力開発を意味し、他の学協会においても制度を有し、学習履歴を証明しています。
CPDは平成17年の公共工事品質確保促進法の総合評価ガイドラインにおいて配置技術者の能力評価項目の一つとして例示され、社会的な評価が高まっています。またCORINSの技術者情報にCPDの単位の登録が可能です。

連合会のCPDSは特に行政手続きで評価されることを念頭に置き、「Evidence of all」の精神で信頼されるよう努めています。その結果多数の行政機関の評価項目に採用されています。

 

CPDSの理念(CPDS Spirit)

1. 公開性(Openness)
     ・誰でも加入できます
2. 信頼性(Reliability)
     ・証拠書類を確認し履歴の信頼性を高めます
3. 専門性(Professionalism)
     ・施工管理技術力の向上を目指します。

Evidence

​受講証明

すべての申請に対して証拠書類を確認します

​Evidence of all

 

CPDSのお手続き

  1. (1) CPDSに新規加入申請し、登録します。
    CPDSに新規に加入するには、CPDS新規加入の申請が必要です。
    申請はインターネットで行うことが原則です。(一社)全国土木施工管理技士会連合会のホームページから申し込みを行って下さい。
    CPDSの最初の学習履歴の事前に申請してください。
     新規加入者にはCPDS技術者証を発行します。

  2. 講習会等を受講し、受講後学習履歴申請をして承認を得て単位(ユニット)を取得します。

  3. 必要に応じ学習履歴証明を発行してもらいます。

 

費用について

(1)新規加入

(2)学習履歴(ユニット登録)の申請

(3)学習履歴証明の申請

(4)技術者証再発行

技士会会員

非技士会員

1,300円/1名

無  料

1,300円/1名

3,100円/1名

500円/1件

3,100円/1名

証明されるものが全員技士会会員

1~5名 500円/1枚
6~10名 800円/1枚

証明される者に非技士会員が含まれている

1~5名 1,500円/1枚
6~10名 2,500円/1枚

技士会正会員年会費…3,000円